柏市立富勢小学校
 

保護者閲覧ページ

各学年のページを閲覧するには,ログインが必要です。事前に学校から通知されたIDとパスワードでログインしてください。保護者用ページには,広報委員会,修学旅行,林間学校のページがあります。
 

保護者用ログイン

個人情報の掲載及び取扱いについてのお願い

 画像はあくまでも個人的に楽しまれる範囲で取扱われるようお願いいたします。画像等の情報は,他の情報と結びついて個人を特定させる性質があることから,情報悪用の危険が伴います。公開範囲が広ければ広いほど悪用されるリスクが高まります。公開範囲を限定していても,そのつながりを超えて漏れていく可能性があります。
 一般的なマナーとして,SNS,動画サイト等への学校行事等の画像をアップする行為については,慎重さが求められます。

 子どもを不審者被害や犯罪から守る観点からも御理解御協力の程,よろしくお願いいたします。

 



 

学校情報

柏市立富勢小学校
〒277-0825
千葉県柏市布施925-1
TEL:04-7133-2077
FAX:04-7134-5530

このホームページにおける文章、写真の著作権は柏市立富勢小学校にあります。無断転載は固くお断りします。
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

カウンタ

COUNTER239076
校 長 室 か ら
 

学校長名             鈴木 成幸

 

校長室から

平成31年度 校長室より
1234
2019/05/25new

総合優勝 赤組! 応援賞 白組!

| by 富勢小学校管理者
 雨の心配は全くなしにもかかわらず、何故か気になることばかりが多い今年の運動会。朝、職員室に入って最初の言葉は「やっぱり暑いね…」。熱中症への備えだけはしっかりとしよう、と思いながら予定より10分早く、開始しました。最終種目が終了したのは14時5分、けがをする子はいたものの、競技を途中で止めたり、プログラムを見直したりすることなく、無事に終了しました。暑い中、5時間半、子供たちへのご声援、本当にありがとうございました。
 応援賞は白組、総合優勝は赤組と、分け合った形になった今年の運動会。保護者の皆様の印象に残った場面は、どんな場面だったでしょうか? 暑さがまだまだ残る競技終了後の閉会式を、応援席前で実施しましたが、子供たちの表情からはホッとした感じが伝わってきました。それにしても子供たちは本当によく頑張ったと思います。特に表現演技でのダンスや踊り、表現運動の子供たちの表情は良く、とても良い顔していました。歯を食いしばって大きな動きを!という思いが感じられた高学年、腕や指先をピンと伸ばし、目が合うとニコッとする低学年の子供たちからは「楽しんでるぞ!頑張るぞ!」という気持ちが伝わってきました。応援団を始めとする係の児童からは、一生懸命さを感じました。特に応援団長の2人からは2週間、精一杯団員をリードしてきた責任感を感じ、応援賞発表の瞬間、祈る姿からは「両方に!」そんな思いにもなりました。終了後の後片付けに、団長の衣装を着たまま片付けを進める赤組団長の姿に、嬉しさを感じました。
 午前中、10時過ぎだったでしょうか。テント内にいても気温が高くなってきたことを実感できるほどでした。テント内の温度計は30℃超え…思わず、子供たちの応援席に走りましたが、銀杏の木の下はとっても涼しく、心地よさを感じました。低学年から高学年まで声をかけましたが、「大丈夫、暑くない」と返ってきました。本当に富勢の児童は恵まれています。終了後、1日声援を送っていただいた幼稚園の園長先生も、「子供たちは銀杏の木に救われていますね。切ることなく、ずっと残してください」と言われました。
 カラー札を導入しての席取りも2年目を迎え、保護者の皆様の理解と「おやじの会」の皆様の協力もあって、スムーズに進められたと感じます。また片付けの際にも「おやじの会」の皆様には手伝っていただきました。本当にいつも助かっております。ありがとうございました。今年は片付け開始の際の声かけが少なかったこともあり、保護者の皆様の参加を促すことができなかったことは大きな反省点です。来年度は、声をかけますので、一人でも多く、お手伝いいただければと思います。それでもテントの片付けを数名のお父様中心に、手伝っていただき、大変助かりました。ありがとうございました。
 「運動会は子供たちを褒めるチャンス!」と職員には伝えたのですが、競技面だけでなく、様々な取組で子供たちは頑張り、成果を収めたことがあるはずです。どうぞ家庭でも、今日の運動会を話題に取り上げていただき、大いに褒めてください。暑い一日でしたので、子供たちはもちろん、保護者の皆様もお疲れだと思います。ゆっくりとお休みください。本日はありがとうございました。明後日27日(月)は振替休業日でお休みです。28日(火)から、また子供たちと頑張ります。
16:39 | 投票する | 投票数(4)
2019/05/24new

いよいよ明日!

| by 富勢小学校管理者
 120回目の運動会がいよいよ明日に迫りました。今週は21日が雨だったものの、あとは夏を思わせるような陽気の毎日。今日の午前中は、それぞれの学年が練習を行いました。職員から度々、「これで最後、明日のために頑張ろう!」という声かけに「はい!」という声。いつも以上に力が込められている気がしました。午後は高学年児童と職員、PTA役員さんによる準備がありました。暑さはあるものの、雨の心配がないので、「明日の運動会のために」というはっきりとした目的の下、みんな張り切っている様子がうかがえました。子供たちに中には、運動を得意としていない子がいます。「早く終わってほしい…」そんな子もいるかもしれません。たとえ運動を得意としていない子でも、活かされる場が多いのが運動会だと私たちは考えています。演技だけではなく、係活動や代表としての取組、下学年児童への寄り添いなど、様々な子の様子を、職員は見ていきたいと考えます。また体調を崩し、参加できない子もいます。運動会での活躍は見られませんが、それまでの取組やその悔しい思いを理解し、次につなげてやることは私たちの役目だと考えています。状況は違えど、どの子も運動会当日まで積み上げてきました。その積み上げた準備をいかして、達成感につなげていこうと思います。
 明日の暑さ対策として、10分早い登校と演技開始にし、給水タイムを確実にとること、昼食時に教室も開放すること、この2点をお知らせいたしました。気温、湿度、そして子供たちの体力を考え、明日は運動会を進行していこうと思います。天候によっては当日、対応させていただくこともあるかもしれませんが、どうぞご理解いただきたいと思います。最後にお願いです。昼食時、子供たちをゆっくりと休ませていただくことと、保護者の皆様だけでなく、小さなお子様やお年寄りの方々の水分補給も万全にお願いいたします。
 1年生にとっては小学校初めての、そして6年生にとっては最後の運動会です。それぞれに意味がある、充実した運動会になるよう子供たちをしっかりと支えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
17:45 | 投票する | 投票数(2)
2019/05/23new

22日は創立記念日

| by 富勢小学校管理者
 明治33年の5月22日、布施と根戸の2つの学校が統合され、富勢尋常小学校が誕生しました。今から119年前のことです。校長室には当時の正門の様子や古い校舎の様子など、当時を思わせる写真が断片的にではありますが、掲示してあります。学校の周りには、今のように住宅地はなく、ポツンと校舎と校庭が目立っていて、現在の様子からは想像できません。開校当時の様子として「くすのきを50本植樹」とあります。10数年後の学校は、そんなくすのきに囲まれて、暑い日でも程良い日陰があったんでしょね。正門から入ってプール横の東門に通じる通路は、以前は「赤道」と言われた道で、いつでも児童以外の地域の方々が通れ通路でした。安全面を考え、3年前から課業中は閉鎖、昨年からは地域の協力もあり、「学校の中は通らない」状況になっています。そんなことの名残なのか、東側にある昇降口を利用する学年の児童は、校門坂を上がってくると校庭を通って昇降口に向かいます。6年生に中には「中庭の通路は公道だから」と入学時に言われたことを覚えている児童もいます。一昨日のように雨が降り、校庭に水たまりができると、歩く場所が限られてしまうので、今のプールフェンス校時終了を機会に、東側昇降口への通路を変更しようと考えています。昨日の創立記念日は、特に行事を持ちませんでしたが、給食には「お祝いすまし汁」が提供されました。昨日は2時間続きの運動会練習もあり、学校は運動会に向けた雰囲気も盛り上がっている中、「今日は学校の誕生日なんだ」とホッとする時間と味を楽しんだ気がします。
 さて今週末に控えた今年の運動会は創立から120回目です。5月に開校したので入学式は119回目、120周年の取組は来年実施します。さあそんな節目の運動会ですが、昨日は2時間続きの全体練習を行いました。応援練習と全体競技、大玉送りの練習が中心でした。今年の応援団長は白組が長谷川さん、赤組が吉田くんです。開校当時の運動会でも応援団はあったんでしょうが、女子が団長を務めるなんてなかったんでしょうね。吉田くんの声はややかすれ気味、長谷川さんも声からは感じなかったですが、きっと疲れはあるはずです。が、そんなことは感じさせないほどきびきびと応援団の中心に立ち、全校児童をリードしていました。今週になり、朝の応援練習の様子は明らかに、結成当時とは異なり、まとまりを感じます。2週間、朝と放課後と、団長を中心に本当に頑張っています。昨日から好天がもどり、陽射しは強いものの、さわやかな風が吹き抜ける中、気持ちよく練習に取り組めました。
 25日に運動会を実施する市内の小学校は多いようです。先日、PTAから運動会開催時のマナーについてはお願いしました。市内のある学校では、近隣店舗への違法駐車が防げず、昨年度は警察が出動する事態となって、今年は運動会の運営自体を大幅に見直さなければならないことになったとか。中には昼食を家族で食べないことになった学校もあるとのことです。児童数が増えたり、周囲の環境が変化したりなど、以前の運動会と同じようにできないことは出てくるはずです。そのあたりに敏感になる必要はあると考えています。お願いしたマナーは昨年の反省をもとに追加されたものもあります。場所が限られていて不自由さがあるかもしれませんが、気持ちよく子供たちが演技できるように、ご理解、ご協力、どうぞよろしくお願いします。
 25日は雨の心配はないようですが、問題は暑さです。熱中症の指数は「注意」とのこと。水分補給を十分にする必要はあります。当日、子供たちが体調を崩さないように、プログラムや進行、隊形について見直し、本日中にお知らせしたいと考えています。保護者の皆様の熱中症対策も十分にお願いします。
08:47 | 投票する | 投票数(3)
2019/05/18

5年生、田植え

| by 富勢小学校管理者
 いよいよ運動会まで1週間となりました。今週は連日、気温の高い日が続いていますが、朝から応援団の練習も繰り返されたり、学年ごとの練習も予定通りに進んだり、運動会に向けた子供たちの気持ちと全体の雰囲気も高まってきたように思います。今日、明日とリフレッシュして残りの1週間に備えたいものですね。
 そんな中、16日の午後のこと。出張先で「どうしたんですか?午前中、何かあったんですか?」と、周りの先生から声をかけられました。赤くなった私の顔を見てのことです。自分では気がつかなかったんですが、日焼けして結構、顔が赤くなっていたようです。初夏を思わせるようなこの日の陽気、5年生と一緒に田植えをしてきました。「総合的な学習の時間」の取組、米作りは結構、多くの学校で取り組みますが、“田んぼ”が思うようにあるわけではありません。学校敷地内に“田んぼ”を作ったり、バケツや大きな入れ物を利用したりしながら稲を育てることが多いのが実情です。利根川近くに水田が多い富勢地域の現状から「実際の水田を利用できれば」という思いが叶いました。場所は守谷市に向かう橋の入口付近下に広がる水田の一画で、120m×20mの、結構広い水田です。8時半に学校を出発、徒歩で約50分、その後、80分ほど田植え、そして学校着は12時頃と、午前中を満喫しました。水田への第1歩、子供たちの歓声が上がります。「冷たあ~い!気持ち悪い!」「足が抜けなあ~い」と、裸足で泥の中に足を入れるなんて、子供たちにとってはいつ以来なんでしょうか?片手に一杯の苗を持って、クラスごとの場所に、泥と格闘しながら向かっていきます。そんな子供たちも、30分経てば夢中になって場所を見つけ、田植えに夢中になって取り組んでいました。はじめは泥はねを気にし手板子供も、全く気にせず、田植えをしながら泥の感触を楽しんでいました。何もなかった水田が、子供たちの手植えの苗で一杯になりました。両隣の水田は機械できれいに植えられています。列はバラバラ、途中で切れていたり、苗のかたまりが植えられていたり、「大丈夫?」と見ていて思うのですが、子供たちの格闘の姿が見えてくるような水田になりました。
 水田とこのような機会を提供してくださったのは、地域にお住まいの関根さん。「5年生になるとこんなふうに植えられるんだね。思っていた以上にしっかりと植えられたよ」とほめてくださいました。「お米がこんなふうな田植えから始まることを知った」「はじめは泥が気になったけど、最後は夢中になって植えた」「秋が楽しみ!」と、関根さんに感謝をしつつ、感想を述べました。手や足だけでなく、顔にも泥はねの跡が残る子供たち、サンダルのまま、学校にもどりました。何事も便利になり、できたもの、最後の部分を楽しむことが多いのですが、この日ははじめの苦労を味わいました。定期的に水田に訪れるというわけにはいきませんが、稲が育つ節目を観察させながら、実りの秋を迎えられれば、また違った思いができるはずです。子供たちにとって、本当に貴重な体験でした。5年生の保護者の皆様、子供たちの案内で散歩がてらに水田にお出かけください!
06:14 | 投票する | 投票数(4)
2019/05/11

また、来年!

| by 富勢小学校管理者
 校庭を見守りながら泳いでいた鯉のぼりが、長期休暇に入りました。「おやじの会」の皆様に設置していただいたのが4月6日、そして今日が格納日です。約1か月、新学期の緊張をほぐし、いろいろなことがあっても下ではなく、上を向くきっかけを作ってくれました。何よりも5月の季節感。今年は10連休が主役になってしまいましたが、この時期、欠かせないのはやはり、悠々と泳ぐ鯉のぼりです。以前はあちこちで泳いでいましたが、今はほとんど見られなくなりました。ですから子供たちにとっては新鮮で、富勢小の子供たちにとってはこの時期ならではの風物詩になっています。今年の鯉のぼりはロープに絡まっても、時間がたてば自分で再生するなど、「手直し」をする回数は今までで一番少なく優秀、何か良い予感がします。そんな鯉のぼりも、11か月間の長期休暇に入り充電。来年、1年進級した子供たちの姿をまた、見ていただきます。改めて季節感を演出していただいた、「おやじの会」の皆様に感謝です!本当にありがとうございました!
  今朝、新聞に俳優・風見しんごさんのメッセージが一面に載っていました。風見さんは10数年前、10歳だった娘さんを交通事故で亡くされました。青信号で横断歩道を渡っていた娘さん、しかもこの時間帯は通行禁止になっているスクールゾーンであり、そこを通り抜けてきたトラックにひかれるという、悔やんでも悔やみきれない事故でした。「大切な命を守るために、ぜひお伝えしたいことがあります」という書き出しで始まるメッセージは、
 いつものように赤いランドセルで家を出た数分後、娘は突然、天国に旅立ちまし た。みなさんは、こう思っていませんか?自分や自分の家族だけは大丈夫だと。でも交通事故は当事者を選んではくれません。今日、みなさんの誰かが僕と同じ立場に立ってしまうかもしれないのです。だから心からお願いします。親子で通学路を調べてみてください。一緒に歩いて、危ない場所を確認し、何に注意を払うべきか、繰り返し話してください。「気をつけなきゃ」お子さんは必ずそう思ってくれます。事故にあってからでは遅いのです。大切なお子さんの命を、今日も、そして明日からも、ずっと守り抜くために。小さな注意を、家族で一緒に積み重ねてほしいと思います。
と、書かれていました。最近、どうすることもできない事故が続いているだけに、風見さんのメッセージは心に響きました。交通事故だけでなく、今、世の中で起こっていることから学ばなければいけないことがあると思います。今日も夏を思わせるような好天が続いています。つい、ウキウキ気分で、「まあいいか」って思いがちですが、安全に関しては常に心がけられるように積み上げていきたいものです。ぜひ子供たちに働きかけていきましょう。
15:11 | 投票する | 投票数(5)
1234